幼稚園では、5月後半からいちご摘みができるようになりました。
いちごを大事そうにもぎ取って、
洗って、人数分に分けて、大事に大事に食べます。
その甘酸っぱくておいしいこと!
ほっぺたを両手で押さえて、「おいしかった~!」
と喜びの声が続々届いております。

また、いちご畑の隣に、そら豆も育ちました。
『そらまめくんのベッド』という絵本でもおなじみのそら豆。

テレビ番組で獲得した情報で、ふわふわの白い部分も食べれるよって声も聞こえてきました。
園を代表して、さくら組がゆでて試食!

お味は?
「おいし~い!」
好きな子はおかわりもしました。
ふわふわの部分は?
「グリンピースの味がする!」
と発見していました。
また、幼稚園園庭のプチファームにも
学年ごとにも野菜の苗を植えました。
きゅうり、トマト、かぼちゃ、スイカ、メロン、なす、トウモロコシ・・・・
さてさて、どんな花が咲いてどんな実ができるんでしょう?
そして、どんな生長を見せてくれるのでしょう?

幼稚園で採れる野菜果物はとってもおいいしんです!
楽しみですね!

 

生き物に関してはミミちゃんにシロツメ草で冠を作ってあげたり、


コナンにおもちゃを投げて走りっこしたり、
餌をもってひきつけて並走させたりして楽しんでいます。

また、風物詩となりましたあおむしも登場しましたよ!
「あおむしだけど、黒いんだね!」
「朝は黒かったのに、お帰りにはみどりになってる!!!」
「大きくなってきた!」「黄色いくさいのだした!」
と観察が始まっています!
そのうちにカブトムシの変態も見れることでしょう!

感動する夏が始まりましたよ!