1月末より豆まきを楽しみにし、子ども達は鬼のお面を作りました。
赤や青、ピンク、緑、怒っている顔、泣いている顔など、様々なお面が完成!
鬼のお面をかぶって、豆まきごっこをしながら心待ちにしていました。

いよいよ迎えた豆まきの日!
ホールに集まりみんなでまずはのりとをあげます。
東西南北、天地、便所の神様にお祈りをして、豆に力を授けてもらいました。
みんなの元気な声が神様に届き、力豆となったのです!

 

その力豆を使って豆まき開始です。
「好き嫌い鬼」「なまけ鬼」など退治したい鬼をクラスごとに決めてきました。
さくら組ふんする福の神に豆を投げてもらって退治してもらいます。
「おにはそとー!ふくはうちー!」
たくさん豆を拾って福を呼び込みました。

※コロナ対策として豆まきに参加時にマスク着用をお願いしています。

そのあとはみんなでダンス!
「赤鬼と青鬼のタンゴ」を楽しく踊りました。

楽しんでいると
突然、どど~んという音がして鬼が1匹ずつ現れたのです!
赤・青・・黄色・緑・ピンクの「なまけ鬼」「知らん顔鬼」「おこりんぼう鬼」「好き嫌い鬼」「泣き虫鬼」。
5匹も本当の鬼がやってきてみんなの顔は少しこわばりました。

「悪い子はいないか~?!」
鬼は悪い子を見つけると近づいて襲い掛かります。
子ども達はパニックになりながらも、勇気を出して豆を投げつけます。
「いい子になるから!」「あっちいって!」
「鬼は外!!福は内!!来ないで~!!」

たくさん豆を投げつけられた鬼たちは鬼のすみかに逃げていきました。
※鬼もコロナ対策で今年は鬼ヶ島(ござ)からは出れませんでした。

鬼がいなくなって安心した子ども達は保育室へ戻り、にこにこ笑顔で年の数分の豆を食べました。
今年も一年健康に過ごせますように!