新潟の秋の風物詩、
稲刈りは敬老の日あたりに行われています。

幼稚園のすぐ隣の畑で稲刈りの音を聞きつけ、
みんなで見学させて頂きました!!

「がんばれ!がんばれ!」
もも組さんはたくさん応援しました。

 

稲を刈るご近所の方、なんとあおいの大先輩!!!だったのです。
子どもたち
「あの車の名前はなんですか?」
「コンバインです。」

「これはなんですか?」
「トラックの上につんでる、グレンコンテナっていいます。」
分からないことは質問する、さすがです。

コンテナのもみ殻は乾燥させて、水分を飛ばすのだそうです。

稲刈りは雨が降っているとできません。
朝早くてもつゆがあってできないそうです。
この日は、晴れて朝風が吹いていて、つゆが飛んだので、ばっちり!
午後から雨の予報なので、午前中で切り上げるということでした。

 

 

お仕事中にもかかわらず、質問にもたくさん答えて下さり、
また、稲わらもプレゼントして下さり大変ありがとうございました。
美味しいお米これからも、たくさん作って下さいね!

名札にお米を入れて帰ったお友達もいましたよ。
お米には神様が住んでいるんですって!
大事に食べましょうね☆