今日もコロとコナンは魚住先生による訓練をしています。
訓練場所はいつもみんなと遊んでいる園庭。

ここで、遊びではなく、訓練をします。
コロとコナンは遊びたい気持ちを抑えて、我慢して臨ばねばなりません。

「先生、工作するより、コロ達を見に行こうよ!」
「だって、コロは生きているんだよ!」
「今、見なくちゃ!」
と、ばら組が見学をしに来ました。
もも組は保育室のテラスから見学。

コロ・コナンは魚住先生の言うことはよく聞きます。
犬は人を見ている。
やれば、できる犬なのです。
この訓練が誰にでもできるといいですよね。

さくら組もやってきて、
最後に質問コーナーです。

「どうしてコナンは5時になくんですか?」
🐡「5時に何の音が聞こえるのかな?」 🐡=魚住先生
「5時に音楽が流れるの。キンコンカーンって。」⇒ 『 5時に歌う犬!? 』をご覧ください。
🐡「その音に反応するんだね。救急車のサイレンの音で歌う犬もいるんだよ。」
「なんで音に反応するんですか?」
🐡「昔のオオカミの習性なんです。」

「この間、コロが草に体をこすりつけてたけど何でですか?」
🐡「匂いをつけようとしているんだね。
でも、その匂いはたいていくさい匂いだから、やめさせた方がいいよ。」
「えー!じゃあ、今度からやめさせるね。」

色々なことがわかりました。
『 日々の体験、観察から疑問・不思議が生まれ、
それを自分の言葉で聞いてみる。 』

世の中、身の回りで不思議なことは多いのでしょうね。
いい経験をしているなと感じました。