干し柿作りにおふたりのお母さまが駆けつけてくださいました。
100個くらい柿をむきます。
クルクルクル・・
そして、干すために
柿の柄に紐を結ぶのです。

子ども達も見学&応援にきました。
柿のすだれに感激!
すごい長い皮にも感心!
そして、またまた、お味見をしてみました。
やっぱり苦そうでした。

この後、柿は一度熱湯をくぐらせ(虫がつかないように)さくら1組のテラスにぶら下げて、1週間後にまたお母さまが来て下さり、干している柿を指でモミモミ。(そうする事で柔らかくいただけるそうです)その後いい感じになるまで寒風にさらしておくそうです。
さくらさん、見張り番よろしくお願いします!

お家の方ご協力ありがとうございました。
干し柿、いただく日が楽しみです。