3学期に入り、もも組ひよこさんでは風船遊びがちょっとしたブームでした。
風船をうちわを用いて打ち合ったり、投げてキャッチしたりと楽しんでいました。

そのうち、段ボールに入れる(ゴールする)ゲームに変化して、段ボールを3段重ねにしバスケゴールのようになったのです。
それが倒れたときに、子ども達は風船と共に乗り込みました。
1学期からずっと遊んでい来た電車ごっこのイメージも重なったのか、段ボールをさらにつなげて、すぐに電車が出来上がったのです。

「なんで走らないの?」

今までになかったクエッスチョンが出てきましたよ!

「タイヤがないから」「線路もないし」「ハンドルもない!」
みんなで材料置き場に行きました。
ちょうどいい材料はないか探して、

ハンドルにちょうどいい、丸い空き容器を見つけました♡
それに丸い棒も見つけたので、組み合わせてハンドルが付きました。

線路も段ボールを組み合わせてなが~くできました。

他に、「カンカンもいる!」「」パンタグラフがないよ」「駅もいる!」「トンネルもいる!」

電車好きなお友達の知識がどんどん出てきました。

何かを作るときは材料コーナーへ!
材料を選んで見立てて何か作っています。

「シートベルトもないよ!」
材料置き場へ行くとなんとちょうどいい棒(多分さくらさんの残骸)があったのです。
電車につけてみるとあらちょうどいい具合!
日に日にいろんなアイテムが増えていきます。
ひよこさんもわくわくしながら乗っています!

それでも、
「やっぱり走らない!」
「タイヤがない!」
「タイヤに棒をつなげて・・・」
「ひもをつける!」

深いアイディアも出てきました。
どんな電車になっていくのでしょうか?