幼稚園の長年のアイドル、ウサギのみみちゃん、7歳半(ウサギ年齢72歳)が
この度天国へと旅立っていきました。
ネザーランドドワーフ、
暑い日も、寒い日も、毎日玄関でみんなをお迎えしていた、とってもかわいいみみちゃんでした。

ときには、園庭のサークルの中で子ども達とあそび、
ときには2階のさくら組のお部屋や廊下で走って遊び、
子どもからもらうクローバーやキャベツの葉っぱをよく食べていた、
麗しのみみちゃん。

若い時には、どんどんと足を鳴らし、寂しいよ!や、今は触らないで!という表現をしたり、
玄関をお散歩して飽きたら、自分でお家(ケージ)に入っていったり、
子ども達の絵画のモデルになったり、
生活のあらゆる場面で心を豊かにしてくれたみみちゃん。
園がお休みの時には、先生が自宅に連れて帰ってかわいがっていたものです。

最近は体重も減り、小さくなって、感情の起伏もあまり見られなくなっていました。
春には少し元気がなくなり心配もありましたが、この暑い夏を乗り切れて喜んでいました。
先週、夏季保育中は子どもに会えてかわいがってもらい、葉っぱももらい
まだ、ぴょんぴょん元気にはねていたみみちゃんでした。

今までたくさん遊んでくれてありがとう!!
安らかに、お眠り下さい。

 

みんなでお別れをして、
きれいなお花で飾りました。
折り紙を折ってくれたお友達、お手紙を書いてくれたお友達もいました。
そして
ペットの火葬場に連れて行ってお経をあげて骨壺に収めて頂きました。

玄関に祭壇があります。

みみちゃんフォエバーー。