幼稚園前のプチファーム。

そこにもきゅうりを植えていました。
なんとつるが伸びて、2階ほどのたか~い位置できゅうりがぶら下がっているのです。
どうしても取りたいさくら組。

高くて届かない。 そこで・・・
見つけてきました。
きゅうりを支える長い支柱。
それで叩き落して取ってやろうという算段!

 

下で待っている子、手を伸ばしてきゅうりをキャッチしようとしていたのですが、
「そうだ!」いいことを思いつき、
傍にタオルを入れて置いたかごを持ってきます。

「えい!」「やあっ!」
背が足りないようです。
今度は、トンネルボックスを持ってきて台の上に立ち、棒を振りまわします。
「えい!」「やあっ!」
支柱の棒では、きゅうりに当たるもののスカッとして、たたき落とすまでにいきません。

次に思いついたのは、
「網なら取れるんじゃない!」
「網?どこにあるの?」
「玄関の傘立ての中に入ってる!」

そうです。虫採りの網!
これならどうだ!

これで、はさみうちだ!
果たして!

結果・・やっぱり取れないのです。
網の先に伝わる力が弱すぎて、きゅうりはもげないのでした。

そこにまた、いい考えが浮かびます。
「砂場のガーってするやつ」
「こうなってる耕すやつを棒の先に付けて・・」

それは、砂場のスコップの仲間のくまで!
いいこと思いつくね!

ビニールテープで巻いてみる。だけどすぐ取れてうまくいかない。
ガムテープならどうだ!
今度はうまくいきそうだぞ!

 


みんなのアイディアと努力とやる気と集中力の結果
見事、きゅうりは取ることができ、手に入りました。拍手!!

ラストきゅうりとったぞ~!いえ~い!
がんばりました。
取るまでにかかった時間 約40分。

このきゅうり、下に落ちてしまいましたが、
ちゃんと食べましたよ♪
さいこーの笑顔で!

 

この見事なまでの発明品、
後に、高いところの松ぼっくりをとったり、なつめを取ったりと大活躍をしましたとさ。