さくら組が新潟調理師専門学校に和食の食育体験にいきました。

ご飯を食べる時のマナーってなあに?
背中を伸ばして、足もきちんと揃えて、姿勢よく、
割りばしは横に持って上下に割る、お箸の持ち方、お茶碗の持ち方など教えて頂きました。
食事中は、両手は机の上で、
お食事中は楽しいお話をすること、
みんなも確認しながら、習います。

そのあと、おだしの取り方もききました。
実際のかつおと削った鰹節、こんぶの香りを嗅いでみます。
そして、おだしも試飲します。
「 ふわぁと匂いがくるでしょう! 」
うわあ、いいにおいとさくらさん。

お重が配られ、お食事タイムとなりました。
目で見て楽しい、お料理の数々。
一の重、二の重!
和食です。ごまどうふ、ひじき白あえ、かきのもと、さんまゆうあんやき・・・
食べたことのないお料理でも、一口挑戦してみて、
「 あれ、おいしい! 」
色々な味を味わった子ども達。
料理長の先生が、
「 この料理は、1時間くらい練るんだよ。」
「 これはおせんべいを砕いた衣が付けてあって、さくさくなんだよ。」
説明をしてくださったので、ますます興味もわき、美味しく食べれるようになりました。

デザートも出て、お腹もポンポコリン。
とっても美味しかったです。
レストランで大人気分も味わってきました。
ご馳走様でした。